レーシックイメージ

レーシック手術後の夜間視力の変化

私が受けた視力矯正のレーシックの手術は極めて安全な手術方法ですが、この手術後には一時的に特定の症状が出る事があります。
近年では、眼科専門医によるレーシックの手術ならば、この手術は安全性が高く短時間で終了する手軽な治療法となっています。
しかしながら、この手術を受ける前には、手術後に一時的に出る事がある症状について把握しておく事が大切です。
私は予めこのような症状を知っておいた為に、症状を発症しても慌てる事無く冷静に対応する事が出来ました。
先ず最初に、レーシック手術後にはドライアイになる可能性があります
その為、レーシックの手術後は、頻繁に目が乾燥しやすい状態になり、数ヶ月間このようなドライアイの症状が継続する事があります。
しかしながら、この期間を経過すれば元の眼の状態に戻ります。
この症状を改善する為には、目薬を点眼する事が大切です。
又、この手術後には視界がぼやける事があります。
レーシックの手術後は視界が全体的にぼやけ見えにくい状態になりますが、この症状も一時的なもので時間の経過と共に改善します。
そして、レーシックの手術跡には眼がしみる感じがあり、私も目に違和感がありましたが、数日のうちに改善しました。
そして最後に、レーシックの手術により夜間視力に変化が起こる事があります。
これは夜間に光がぼやけて見えるもので、以前よりも光をまぶしく感じる事があります。
この症状は最もよく術後に発症するもので、時間の経過と共に症状は改善されていきます。
これは手術後に瞳孔の大きさとレーザーの照射された場所の大きさが異なる事により起こるものです。
このような原因で光の反射の角度が変化し、夜間視力に変化が出てしまいます。
しかしながら、この症状は時間の経過と共に改善することが多く、私の場合も一定の期間後は夜間視力に影響が出なくなりました。
このようにこの手術の後には幾つかの症状が発症する事がありますが、時間の経過と共に改善します。

Copyright(C) 2009 視力を回復して前向きに.com All Rights Reserved.