レーシックイメージ

レーシックを受けるには年齢も考慮が必要だった

中学生時代からずっと近視に悩んでいたのですが、このたびついにレーシックをうけました。
お陰で眼鏡もコンタクトもなしの裸眼なのに世界がクリアに見えて快適です。
眼鏡もコンタクトも体験しましたが、やはり裸眼で者が見えると言う事はとても良いものです。
レーシックの施術を受けるときは正直をいうと手術を行う事やお値段のことなどでかなり悩みましたがやって良かったと言えます。
レーシック手術の流れやかかる金額相場についてはこちらを参考にしてください。
いざと言うときなどに裸眼でものが見えると生活上で色々なことが便利で楽しいものです。
特にレジャーなどでは裸眼でものが見えると楽しい事が山盛りです。
例えばハイキングなどでも風景を思う存分に楽しむ事ができますし、眼鏡やコンタクトをしているときは違って頭部に妙な気をつかうことをしなくて良いのが気楽で良いものです。
眼鏡やコンタクトをかけているときは自分が頭部、特に目の辺りなどを気にかけて生活している事など知る由もなかったのですが、レーシックを受けて眼鏡やコンタクト無しで生活出来るようになると、その事実がわかり自分でも驚きました。
人間は無意識のうちに自分が付けているものには気をつかって生きて行くものなのです。
けれどそれは見方を変えればその分だけ注意力が散漫になって生きていると言うことと同義なのです。
このように快適な生活を送る事ができるレーシックなので他者にも自信をもって勧めたい治療法です。
しかしよく調べてみるとレーシックは誰でも受ける事ができるものではないということがわかりました。
実は年齢に制限があるのです。
例えば十代などの成長盛りのときなどはこの施術をうけられないケースが多いのです。
理由はレーシックを受けられる人たちの定義が視力が安定している人たちということだからです。
つまりは近視が進行しているという人は施術を受けられないと言う事であるのです。
そして十代という成長が盛んな時期などは近視を含めて目の状態もめまぐるしく変わってしまうので、一般的に施術を受けられない事が多いのです。
詳しくは眼科医と相談する事が大切です。
レーシックは医療費控除を使うことが可能です。

Copyright(C) 2009 視力を回復して前向きに.com All Rights Reserved.