レーシックイメージ

画期的な視力矯正手段のレーシックにおける痛み

以前は、視力が落ちてもどうにもしようがありませんでした。
しかし外国からメガネが伝わったのち、メガネに助けられた人は数えようが無いほど多くいます。
それ以降、メガネは発達し続け、当初より随分薄く、丈夫になりましたし、近視だけではなく老眼や乱視などに対応できるようになっていきました。
わたしも年を取るにつれて視力が落ちてしまいましたので、車を運転する際には、メガネにお世話になっています。
その後、大きな進化を遂げたのが、コンタクトの登場です。
メガネをかけるとおしゃれではないとか、鼻が痛いなどの悩みを解消し、今ではコンタクトをつけていることは、全くめずらしいことではなくなりました。
聞かなければ、目が悪いかどうかなど、わからないほどです。
しかし、それでも根本的な問題は解決されません。
つまり、視力自体の向上です。
視力が落ちる原因はわかっていても、治す手段が無かったのです。
わたしも、視力を上げる手段があるのなら、少し位高くてもやってみたいと思ってはいましたが、実際には民間療法のように、その効果が不確実なものしかありません。
ところがここ数年、画期的な治療法が開発されました。
それが、レーシックです。
これはメガネやコンタクト無しには暮らせない人にとって、視力自体を矯正する、夢のような治療法です。
わたしの姉は、コンタクト無しにはほぼ見えない視力ですので、さっそくこれに挑戦しました。
手術中は、麻酔をしていますので、痛みはありません。
ただし、全身麻酔ではありませんので、目を開いたまま固定していて、意識もありますし、何をされているのかはわかるそうです。
手術時間はそれほどかからず、患者さんは流れ作業のように処置室を移動していきます。
しかし、麻酔が少しずつ切れトいきますと段々痛みが出てきて、目を開けていられなくなるほどになります。
特に、光に対して敏感になるので、明るいところにいられなかったそうです。
その後痛み自体は一週間ほどで引いたのでした。
こちらのレーシック体験談の記事http://www.garagecanada.com/も大変参考になるかと思います。

Copyright(C) 2009 視力を回復して前向きに.com All Rights Reserved.