レーシックイメージ

レーシック手術後に気をつけること

安全に視力が回復するレーザー手術として、レーシックは非常に人気が高いです。
視力の悪さに悩む多くの人が、手術によって視力が回復できたという症例は年々増え続けています。
私はレーシック手術をして2年程経ちますが、手術後には制約が多かったのを記憶しています。
レーシックは安全性の高い手術になりますが、術後の生活で気をつけることがあります。
手術後の1カ月ほどで気をつけることとして、強い衝撃を目に与えないことがあります。
これは角膜の矯正を行っているので、衝撃を受けることにより角膜がずれないようにするためです。
そのため手術後1カ月はサッカーや柔道などのように、激しいスポーツは禁止させています。
軽いウォーキングなどは行えるので、手術後のスポーツは我慢する必要があります。
私も普段はサッカーをしているのですが、術後1カ月は軽い筋トレやジョギング程度に留めるようにアドバイスをもらいました。
また、レーシック後気をつけることとして、水を使った作業に気をつけることがあります。
レーシックで角膜が薄くなるので、シャンプーや洗顔などで眼に不純物が入らないようにする必要があります。
プールや海のようなマリンスポーツも、レーシック後は避けるべき事項になります。
シャンプーや洗顔であれば、手術数日後の検査で問題なければできるようになります。
マリンスポーツは1カ月程度〜3カ月程と長い期間控えるようにアドバイスされるので、夏前後に手術する人は注意が必要になります。
インターネットなどでは1カ月と書かれている場合が多いのですが、私の場合は3カ月禁止されました。
そして一番大きかったのが手術した後の運転についてです。
手術した後に運転をした時、やたら夜のライトが眩しかったのを覚えています。
最初はハローグレアかと疑い、検査をしてもらいました。
結果は問題なかったのですが、見えすぎる視力になったためにライトに過剰に反応してしまうようです。
2年経った今では、夜の運転はほとんど問題なくなりました。
レーシックの手術は非常に安全なので、術後に注意することを守れば特に問題はありません。
こちらの目が見える仕組みについての記事http://www.historicalpreservation.org/mega.htmlも大変参考になるかと思います。

Copyright(C) 2009 視力を回復して前向きに.com All Rights Reserved.