レーシックイメージ

レーシック手術後の後遺症いろいろ

レーシック手術後の後遺症のことは、よく耳にします。
また、レーシックのメリット・デメリットはしっかり知っておきましょう。
ほとんどの方がなるのは、夜間、光がまぶしかったり、にじんだりするハロ・グレアです。
夜間車のライトなど照らされると眩しくぼやけたりします。
他に、ドライアイになる方も多いのではないでしょうか、私の友人もその一人です。
目薬を年中さして、目のゴロゴロ感をとっているのです。
あとは、ごく稀ですが、近視が元も視力に戻ってしまい、再手術を受けることもあります。
角膜炎などは、洗浄が必要になります。
以上は、軽度の場合です。
想定外の後遺症の場合は、絶望的な人生を送ることになります。
目って大事なんです。過矯正で遠視になってしまうことや、視力がよくなりすぎて、頭痛や吐き気、再手術しようとしても、角膜が薄くて手の施しようがない、私は、レーシックを受けたくて、クリニックに手術の検査に行った事があるのですが、角膜が普通の人よりも薄くて、視力が出なかった場合、再手術はできませんと、言われたことがあり、レーシックはあきらめました。
このような、想定外の後遺症になり、日常生活が困難になり、しごとに悪影響が出たり、辞めざる負えなくなったり、精神的から病気になり、自殺したりとか「こんなはずではなかった」と後悔したくなかったからです。
このようないわゆるレーシック難民になると、デスクワークができなくなり仕事を辞めざるおえない状況になることもあるようです。
矯正による頭痛は極度に地獄らしいです。
やはり、自分が受けてよかったからと言って、なかなか人には進めづらいものがあります、身体は人によって違うし、いろいろだからです。
失敗する確率は少ないものですが、後遺症を考えると一歩踏み出せません。
しかし、私の弟は、レーシックに成功したうちの一人だといえます。
2年前に手術を受け今でも、左右ともに1.5をキープしています。
一方私は、角膜が薄いので手術はあきらめたひとりですが、成功している人もたくさんいるので、後遺症を気にすると何もできませんが、自分の身体自分で守ってください。
l手術を受けるなら、http://xanarama.net/doctor.htmlにも書いてあるようにいろいろ調べてクリニックに行くことをお勧めします。
レーシックの事前検査とアフターケアが充実しているクリニックを選ぶことをおすすめします。

Copyright(C) 2009 視力を回復して前向きに.com All Rights Reserved.