レーシックイメージ

老眼は治らないけれど近視はよくなり遠くもはっきり「レーシック」

近視歴30年以上の私がレーシックをしたのは約5年前です。
日中はコンタクトレンズ、夜はめがねを使って生活していました。
2週間使い捨てのコンタクトレンズをネット通販で購入し、それを使っていたのですが娘や息子も視力が悪くなり一緒に購入していたら毎月の出費が結構高くなり、困っていました。
それでもコンタクトレンズを入れて生活していましたが、どうも目の調子が良くありません。
痛みが出てきたのです。
そんな日が数日続いたのでメガネをしていたところ、知人にばったりと出会い、「前から目が悪かったのか」と聞かれました。
私は普段はコンタクトレンズだけど、目が痛むのでメガネにしているというと、その人はレーシックの経験者だったらしく、「レーシックをしたらコンタクトレンズで目が痛いということもなくなるよ」というので興味を持って詳しく聞いてみました。
その頃はまだ今のようにレーシックの経験者が少なく、私の周りで初めての経験者でした。
費用はかかるけれど、これから先コンタクトレンズを買い続けることと比べたら確かに高価ではないと思いました。
そしてまた老眼が出ているのでメガネやコンタクトレンズで近視を矯正していると近くの字が見づらくて困っていました。
裸眼だと近くがよく見えるのですが遠くは見えません。
だからメガネの時ははずして近くを見ていたのですが、コンタクトレンズだといちいち外すこともできないという問題もあったので、それも解決するかもしれないと思いました。
レーシックをすると近いところだけ老眼鏡をかければいいのです。
それらの理由で病院に予約を入れました。
また、こちらの40歳からのレーシックの記事は中高年の方必見です。
検査をしてレーシックは受けられることがわかったのですが、老眼は治らないとのことです。
それでもいいと思い手術を受けました。
レーシックで治せる症状についてはこちらをご覧ください。
術後しばらくして視界はハッキリ見えて、世界が変わりました。
受けてよかったと5年経った今でも常に思っています。
しかし年には勝てず、老眼の方は進んできていワす。
まだ老眼鏡は使っていないのですが、そろそろ必要なようです。
ちなみに老眼のレーシックもあるのです。
近視や乱視が治るレーシックについてはこちらをご覧ください。

Copyright(C) 2009 視力を回復して前向きに.com All Rights Reserved.