レーシックイメージ

レーシックで乱視の視力回復に成功

視力を回復してコンタクトや眼鏡生活から裸眼に戻れるレーシック手術は、体験者も年々増えて話題になっている最先端医療の一つです。
そんなレーシックのメガネやコンタクトよりも良い所を比較したサイトがありましたのでご覧ください。
眼にレーザーを使用して視力の矯正を行うので、不安に感じる人も多かった手術ですが、その口コミや成功者の多さから若者から高齢者まで様々な人が手術をしています。
私も乱視と近視が混ざって非常に視力が悪かったので、レーシック手術を受けることを考えていました。
情報を集めようとインターネットを使って調べると、近視の症例数は多いのですが乱視の症例はそれほど多くなかったので数年前は手術を見送りました。
2年程前に再度レーシックの情報を集めると、乱視の矯正も可能という手術があったので、カウンセリングを受けてみることにしました。
乱視の手術は、今までとは違ったレーザー機器を用いるらしく、角膜なども十分に厚くないと難しくなります。
カウンセリングでは現在の視力を確認して、手術後どの程度回復するかについての説明を受けました。
カウンセリングで確認すると、実際に乱視を矯正している症例も非常に多く、コンタクトと同等かそれ以上の満足感を得ている人が多かったです。
私はかなり重度の症状だとカウンセリング時に言われました。
それでもレーシックを行えば、確実に1.0以上の視力になれると先生に言われたので手術を決めました。
最初は一番高い手術が良いものと思い込んでいましたが、乱視の場合はその手術よりも適した機器を利用した手術が良いと先生に言われました。
総額で約23万ほどで、予想していた30万より安かったのは非常にお得感を感じました。
地方在住の私は東京のクリニックで手術をすることにしたので、カウンセリングと同日に手術をするコースに申し込みました。
点眼液をつけて数分待ったら実際に手術を行います。
手術は非常に簡単で、レーザーを眼に照射するだけで数分程で完了しました。
最初は眼の前が真っ暗になり怖くなりましたが、レーザー後は今までぼやけていた視界が徐々に見えてくる感覚を覚えました。
翌日の検査も良好で、視界が非常にはっきりしたのを覚えています。
乱視も問題なく矯正されたので、非常に満足のいく結果でした。
現在2年ほど経ちますが、全く問題なく生活できています。
このように成功率が高いのですが、中には受けたくても受けられない方もいます。
そんな方には、レーシック以外の様々な視力回復法がこちらにまとめてありますので参考にしてください。

Copyright(C) 2009 視力を回復して前向きに.com All Rights Reserved.