レーシックイメージ

レーシックの手順・成功によって得たもの

私は、9年前にレーシックの手術を受けました。
当時で費用は21万円(税込)です。
名古屋に行けば40〜50万円かかるところもあります。
費用は各病院で決められるため、一律ではなかったんです。
最近のレーシックにかかる費用相場や医療控除について詳しくはこちらをご覧ください。
条件として、自宅からあまり遠くないこと、レーシックの症例数が多い所、つまりは患者数が多く症例をたくさん経験している医師を選びました。
もちろん病院の評判も、近くに住んでいた妹から聞きました。
レーシックは、当然事前に検査があります。
また人気のあるところは、予約するのも大変です。
私は、長年コンタクトとメガネを併用していました。
仕事をしていたので、コンタクトを使っている時間が長かったのですが、いざ病院で手術前の検査をしたところ、角膜糜爛があると言われ点眼薬で治療をすることになりました。
さらに涙の量が少ないということで、両目に涙点プラグを入れました。
レーシックの術後は涙で治していくので、涙の量が少ないと駄目だと言われました。
他にも適応外として、角膜の非常に薄い方や、近眼・遠視・乱視のひどい方、老眼の始まっている方は適応外になります。
基本的に、レーシックは目の老化を止めるものではありません。
皆年齢を重ねれば自然に老眼が始まり、老眼鏡が必要となってきます。
私がレーシックを受けて一番感動したのは、手術直後から周りの景色がきれいに見えたことです。
個人差もありますが、私はとても痛かったので手術後は泣いていましたが、メガネやコンタクトを使わないで物が綺麗に見えるのは本当に感動しました。
術後は、3日間は目をこすらないこと、濡らさないこと、寝るときは目を保護する為ウルトラマンの目のようなカバーをつけていました。
私は術後9年経っても、1、2〜1、5の視力を維持しています。
1年間は定期的に受診しましたが、あとは何かあれば近所の眼科に行って下さいと言われました。
病院によっては、1年以内に視力が低下した場合、再度手術をしてくれる所もあります。
する・しないはもちろん本人の意思ですが、私はこれで世界が広がりました。
また、レーシックは永久的に視力を回復させてくれるものなのでしょうか。詳しくはこちらhttp://satsukiya.daynight.jp/eikyuuteki.html

Copyright(C) 2009 視力を回復して前向きに.com All Rights Reserved.