レーシックイメージ

レーシック手術で近視を矯正して視力を回復しよう

レーシックで近視を矯正すれば、コンタクトレンズや眼鏡を使う煩わしさから開放されます。
私はレーシックを受けて、両眼の裸眼視力0.03から1.0まで回復しました。
術後随分経ちますが、視力が落ちることなく快適です。
当時使っていた眼鏡をかけてみましたが、ずっしりと重かったです。
また、コンタクトレンズを使い続けたことで、眼に新生血管ができた事も、レーシックを受ける決め手になりました。
コンタクトレンズや眼鏡にかかる一生分の費用、眼にかかる負担や疲労の度合いを比べれば、費用が高いといわれるレーシックを受けるメリットのほうが大きいです。
自由診療なので、費用は手術法や眼科医院によって異なりますが、通院できる場所にあって、実績がある医院を選ぶことをおすすめします。
レーシックの手術自体は、短時間ですみ日帰りできます。
しかし、事前検査やカウンセリング、アフターケアを受けるのに、ある程度の期間を要するからです。
また事前検査で受けられないと判断される方もいます。
どんな人が受けることのできる手術なのかは、レーシックを受けられる人の条件にかいてありますのでご覧ください。
術後の定期検診は、個人差がありますが3ヶ月間から半年程度です。
その間、医師の指示通りに1日数回点眼薬をさすことを毎日続けなければなりません。
このレーシックのアフターケアを怠ると、せっかく手術を受けても眼の状態が悪くなるおそれがあります。
また、術後、眼に違和感や痛みを覚えることもあります。
無理せずに休んで、医師にしっかり報告してケアを受けてください。
手術法やその時の状態によって異なりますが、術後数日で視力が回復し、普段どおりに過ごせるようになります。
手術を受けた方が共通して感じるのは、朝起きた時、視界がはっきりして、眼鏡を捜さなくてもよくなったことではないでしょうか。
近視が治せるなんて、夢のようなことです。
レーシックは眼にレーザーを照射しますが、事前に麻酔を点眼するので痛くありません。
リラックスしていればあっという間に終わります。
また、眼そのものが変わるようなこともありません。
痕は残りますが眼科医にしかわからないようなものです。

Copyright(C) 2009 視力を回復して前向きに.com All Rights Reserved.